新築にはやっぱり一戸建て

私たち家族はけっこう長い間、賃貸のアパートで暮らしていました。そこに住んでいて困ったことは、収納スペースがどこにもなかったことです。一戸建てを建てるときには、洋服や雑貨など、色々なものを収納できるスペースをつくろうと思いました。収納スペースはわりとたくさんの部屋に作ったため、部屋がスッキリ片づいて見えます。前の賃貸アパートでは常に物があふれていたため、今の生活にはとても満足できています。収納スペースをつくった部屋は、1階の応接室、和室、2階の1室です。掃除道具や家電を収納できるスペースがあると、やはり便利だと思います。これから一戸建てを建てる方には、何カ所か収納スペースを設けることをオススメしたいです。夫や子どもの部屋については、本人の希望をとりいれることも大切だと思います。家族は少しアレルギーがあるため、壁の素材などには特に気を配りました。和室と洋室の両方があり、和室もなかなかよいものだなと思っています。