一戸建ての譲ってくれない点は義父の知人

一戸建て住宅を建てるにあたって、ここだけは外せないポイントというのが、わが家の場合は厄介でした。それは義父の知り合いの会社を使うということです。義父の知り合いの会社って言ったって、私たちには恩もないし、そもそも設計士もしている社長がじいさんで、正直「大丈夫なんかいな?」と、非常にイヤーでしたね。初回の打ち合わせでも、「えーーー」と思うような意見の相違があって、帰宅後に私はブチ切れましたよ。しかし、義父からお金の援助をしてもらう手前、やっぱり譲れないポイントは「義父の知り合いの会社を使う」というところなんですよね…。ですから夫婦で作戦を立てて、角が立たないように私たちが建てたい家の方向に持って行こうとなりました。私たちが建てたい家は、そんなに奇抜なデザインではなく、ごくシンプルなものでしたから、比較的誘導はしやすかったと思います。外壁のガルバリウムもちゃんと対応してもらえましたし。ただ、センスが古いは終始感じてしまっていましたので、設計士もしている社長には、ずっと不安は感じていました。ちゃんと一戸建てが建ってホッとしていますが。